波間に金色の光が躍るがごとく

活きのいい料理

新富町は、明治五年銀座の大火により新嶋原と呼ばれいた一帯が焼け野原となり、廓(遊郭)から花柳界(芸者衆の街)へと町名と共に変わりました。

『躍金楼』という名前は、かの山岡鉄舟が「岳陽楼記」なる漢詩より名付けたそうでございます。

洞庭湖のほとりから見える風景と、当店から眺めた築地の海の風景がよく似ており、「金の波が躍る」という一節から、波の煌めきと活きがいい魚の煌めきを掛け、【活きのいい料理】を出す店であれ、との願いが込められたと伝えられております。

代々伝承された思いと共に、店主自ら築地の市場に毎日足を運び、【活きのいい料理】を出し続けて参ります。

躍金楼 店主 記

  • to English page
  • 按這個方向可以翻出中国語
写真1
明治28年当時の営業許可証
写真2
明治11年版行「会席別品競べ」
月岡芳年筆  躍金楼中庭にて
    • ご挨拶
    • 歴史と歩み